病院による治療の違い

エサ入れ

互いの機関は連携に努める

千葉の動物病院は、多くが一次診療を行う機関です。様々な症例に対処できるよう、獣医師は幅広い知識と技術を持っています。内科一般を基本に、各種外科手術にも対応する動物病院も千葉には少なくありません。内科一般は体の不調を全て診てもらえるといって良く、歯科分野も耳鼻科分野なども含まれます。また、各種予防接種も可能です。一方、外科手術は避妊や去勢手術だけでなく、椎間板ヘルニア手術や骨折手術、腫瘍摘出手術などが行えます。また、ペットで多い手術は誤飲手術で、歯周病手術も珍しくないです。特定の病気になりやすい犬種や猫種があるため、それを把握して定期的に検査するなどしておくと早く対処できるので、手術せずに済む可能性があります。中高年以降の犬や猫は病気のリスクが増えるため、千葉の動物病院に日頃からかかっておくと安心です。もし一次診療でガンなどの治療が難しい病気が見つかった場合、望めば二次診療を行う大きな千葉の動物病院を紹介してもらえます。二次診療を行う機関には専門医がいるため、より専門的な知識を基に治療が受けられるのが特徴です。さらに、高度な検査や手術設備を整えて手術を行っています。なお、24時間診察してくれる救急センターもあり安心です。一次診療を行う動物病院と二次診療を行う動物病院は、人間で言うと町のクリニックと大学病院の関係に当てはまります。互いの機関は尊重し合って、自分達ができるベストな医療を尽くしてくれます。